「保険」タグアーカイブ

保険に加入する際に考慮すべきこと

記者 株式会社FLT 報道

人々の保険に対する意識が高まるにつれ、保険を購入する人が増えてきています。 保険を買うというのは、実は技術的な作業なので、保険を買う前に何に注意したらいいのでしょうか? 注意すべきポイントをまとめてみました。

  1. 保険を買うときは衝動的にならないように

保険に加入する前に、自分のために加入するのか、両親のために加入するのか、配偶者のために加入するのか、子供のために加入するのか、家族のために加入するのかを、大人が先、子供が先、主な稼ぎ頭が先、第二の稼ぎ頭が先の順に考えてみましょう。

また、どのような保険が必要なのか、いつまでなのかを考えることも大切です。 例えば、自分や家族が大病を患ってしまい、莫大な医療費を払えないと心配な場合は、100万ドルの医療保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか。

また、老後の生活の質の低下が気になる人は、退職金保険や年金保険の加入を検討してみてはいかがでしょうか、という例もあります。契約者がニーズや実用性を考えずに衝動的に保険に加入してしまうと、加入した保険がうまくいかないことが多いです。

  1. 保険会社を知っている必要がある

それは他の商品を買うようなものではなく、保険を買うことは一種のセキュリティであり、1年という短い期間、あるいは数十年、あるいは一生という大きな時間的スパンを伴うものです。

定期的に強力な保険会社を選択する必要があります、契約者は、登録資本金、事業展開、市場ランキング、大衆の評判など、会社の基本的な状況を理解している必要がありますので、底辺を持っていることを念頭に置いています。

  1. 保険は安く買わないようにしましょう

どの保険が一番保険料が安いのかではなく、どれだけの保障があるのかを理解することが大切です。

中には、保険料を節約するために一番安い保険を選ぶ人もいますが、これは事故に遭った時に後悔するような「賢い」考えに思えるかもしれません。安い保険の補償内容は、支払い額が少ないことが多いです。そのため、契約者はまず保険の保護効果を考えた上で、保険に加入するために必要なお金を考えなければなりません。

記者 株式会社FLT 報道

アセットアロケーションにおける保険の重要性

記者 株式会社FLT 報道

欧米社会では保険は非常に重要であり、欧米社会ではほとんどの人が貯蓄がなくても若い頃から保険に入り始めるのは、将来への安心感があるからです。株式や銀行の預貯金などの投資金融商品に比べて、安心・安全・資産運用収入の面では、家族保険の方が「家族の傘」という肩書きにふさわしいように思います。

アセットアロケーションにおける保険の重要性はなんでしょう?

  1. 家族資産の保全

資産保全ツールとしての保険は、家計の資産配分目標の達成に役立ちます。投資の中には、短期的には高い期待リターンを得られるものもありますが、非常にリスクが高く、損失の可能性を秘めているものもあります。しかし、あらかじめ決められた金利で低金利が保証されている保険商品は、元本の安全性だけでなく、一定の期待リターンを保証することができます。

保険を基礎となる資産配分として利用する場合、銀行の貯蓄や社会保険との相乗効果で、家族のための金融「セーフティネット」を構築し、家族の資産に安心感を与えることができます。

  1. リスクの移転、引受バッファー

リスク移転のツールとして、保険の最も重要な機能は、リスクをレバレッジし、大きなリスクイベントに対するバッファーとしての役割を果たすことです。

中間層のアセットアロケーションとして、大きなリスクイベントによるキャッシュフローの途絶や解約を防ぐことが保険の中核機能であり、安定的かつ継続的なキャッシュフローを独自の商品機能構造で代替し、主要な家族計画(教育・老後)のすべてを円滑に進め、生活の質を過度に滑り込むことなく一定の水準で維持することができます。被保険者が死亡した場合でも、大切な人への慰謝料として請求することができます。

  1. 経済的自由をサポート

富は流動的であり、それゆえに将来の富を固定する必要があります。しかし、保険商品は、保険に加入してから保証金額の確定、返戻金の確定、契約期間ごとの保険料の決定まで、長い期間をかけて手配することができるという特徴があります。

保険をトップレベルの資産配分として利用する場合、その中核機能は、資産保全と安全な世代間相続に重点を置いた、特殊な金融商品としての保険の独自の法的論理設計を発揮することにあります。

上述した3つの段階的な資産配分の中で、保険プランニングが果たす機能と役割には傾向と焦点があり、全体としては、「経済的安心の確保」「持続可能なキャッシュフローの確保」「経済的自由への道をエスコートする」という3つの大きな効果を達成することができるとされています。

記者 株式会社FLT 報道

保険をかける前に考えるべきことは?

記者 株式会社FLT 報道

1.ニーズの把握

簡単に言えば、なぜ保険に加入したいのかを自問自答しましょう。

その答えは、優先順位をつけたい保険の種類です。

まだ考えていない方は、今自分が一番恐れていることを考えてみてください。

  1. 予算の設定

必ず予算で決めてもらうようにしましょう。

ここでアドバイスですが、家族の保険料の総予算は、通常の家計に支障をきたさないように、年収の10~20%程度に抑えて、必要な保障を受けるようにしましょう。

  1. 保険の種類を識別する

共通するタイプを説明するために、自分と敵を知っておくことで戦えるようになります。

消費型:プレミアム消費型であり、消費すれば無くなり、リスクが発生しなければプレミアムは返ってきません。

貯蓄型:リスクが発生しなければ、保険会社が一定の利率で保険料を利息付きで払い戻してくれます。 これは単純に解約時の保険料の割引額です。

加入型保険:投資性のある保険です。しかし、運用益に応じて収入を分配するので、収入は不確定です。したがって、保険会社と契約者が合意して満期時に一定の収入を受け取る「定額収入保険」もあります。

そこで、誰もが意識しなければならないことは、契約書の条項を見るときに、追加の注意が必要なのは除外事項です。

保険会社が違えば、同じ種類の保険商品でも、保険会社ごとに保険料が違ってきます。 例えば、多くの住宅保険では、地震などの自然災害が発生した場合、代わりに地震が発生しやすい地域で損をした場合の免責事項が記載されています。 保険を申し込む際には、必ず除外事項を確認しておきましょう。

  1. 保障額の決定

生命保険を例に考えてみましょう。「死後も家族が途切れることなく生活できる最低限の保障」を考えれば、家族の借金や子供の教育費、高齢者の支援ニーズをカバーできるものでなければなりません。

医療保険は償還型で、あとは社会保障と一緒にあまり保障内容を設定する必要はありません。

保険料重症保険というと病気の治療に使われているようですが、実は生命を守るための保険なんです。 いずれも一括払いなので、補償内容は高めに設定しておくことをおすすめします。 一般的には、5年間再発しなければ治ったとみなされるため、1年間の基本的な生活費の5倍の保障額を設定することができます。

生命保険や損害保険では、損失と同じくらいの金額が支払われます。 だから被保険者金額を設定した時の実勢価格を超えないようにして、保険会社はそれ以上の金額を支払わないようにしましょう。

  1. 持続時間の決定

保険の適用期間と支払期間を決めます。

通常、医療保険や損害保険は1年間は対象となります。 危篤保険と生命保険だけは、長期性のものは定期保険と終身保険に分かれています。

トラブルを恐れて保険料の一括払いを選択する人もいますが、それでは、長い納付期間を選択して、毎年の経済的負担を分散させてみて、途中で払い出した場合には、後から保険料を払う必要がないようにすることができます。

記者 株式会社FLT 報道

イギリスで住宅を購入する際の住宅保険とは? 家の保険料を安くするには?

記者 西原良三 報道

国際的な舞台で投資の視野を広げる人が増えている中、イギリスの不動産は注目を集めており、特に投資家に人気があります。ということで、イギリスで家を購入する際の住宅保険とは何なのか、保険料を安くするにはどうすればいいのか、今日はサクッと見てみましょう。

イギリスでは、家が関係する保険は4種類あります。

  1. 建物保険(buildings insurance):建物自体、レンガや石材で造られた什器や建具に対する保険です。
  2. コンテンツ保険(contents insurance):建物に追加した家具や家電などの家財道具の保険、建物保険はフリーオーナーの場合のみ必要ですが、内容物保険は持ち家と賃貸人の両方に配慮した保険です。
  3. 住宅ローン支払保障保険:「毎月の住宅ローンの支払いを怠ると、財産が差し押さえられる可能性がある」という忌み嫌われているようにも聞こえるし、親近感が湧きます。しかし、空は常に限界ですが、それはまさに住宅ローン支払保護保険(MPPI)のために存在するものです。そして、MPPは60日以内に支払いを開始しますので、MPPIが効くまでの最大2ヶ月間は月々の支払いを自分で用意するだけで、開始後は最低でも12ヶ月間は継続します。
  4. 生命保険(Life Assurance):生命保険も住宅ローンを組んでいる人にとっては重要な保障であり、多くの住宅ローン会社が借り手に生命保険に加入することを主張しています。生命保険は不要と思われるかもしれませんが、ポイントは、自分に何かあったときに、大切な人が保護された家を維持するために生命保険を利用することです。養老ローンを組んでいる人は、追加で生命保険に加入する必要はありません。 終末期の病気の給付金は余計な費用がかからないので、終末期の病気と診断されても、死亡時には保険金が支払われることになります。保険料の免除とは、非自発的に失業したり、病気で働けなくなったりした場合、失業や病気の保障がなくても、生命保険料が自動的に支払われ続けることを意味します。

では、住宅保険をお得に加入するためにはどうすればいいのでしょうか?

1.建物の「再構築価値」を正しく保険に入れることで、多くのお金を節約することができます。宅建保険でよく間違われるのが、建物の「時価」に保険をかけることです。つまり、人々は英国の不動産の市場価格に対して保険をかけることになりますが、その再建価格ではありません(建物が破壊された場合、不動産を再建するための費用、主に建築材料、人件費、建築家の費用は、あなたの家が再建されている間、一時的な家で生活するための費用もカバーする必要があります)。

  1. 無保険のコンテンツ保険に加入すると、保険金の請求が少なくなります。保険未加入の持ち物は、多くの人が陥りがちなミスで、請求をする必要があるときに、実際の持ち物の価値よりも低い金額を支払わされてしまうことになりかねません。例えば、あなたは£20,000のための不動産を保証しますが、あなたは実際に家の中に£40,000の価値のあるコンテンツを持っている場合、あなたはクレームを行う必要がある場合にのみ、実際の値の半分を得ることができます。
  2. 月々の支払いは高金利のローンです。月々の支払いは基本的に高金利のローンを一括で返済するか、低金利のクレジットカード(もっと言えば金利0%のクレジットカードで支払いをする方が費用対効果が高い場合が多いです)を利用して、1年以内にカードローンを完済できるかどうかだけを確認しておきましょう。
  3. 早めに見積もりを取った方が有利かもしれません。保険会社によっては、条件が変わらないことを条件に、最大90日まで見積もり価格を維持できるところもあります。このように、保険料が上昇する傾向にある中で、早期に見積もりを取得することは、通常、より安い保険料で結果を得ています。

5.自動更新は避けるか、せめて値段だけでも言い合いになるようにしましょう。保険会社は多くの場合、新規顧客には最高の価格を提示しますが、契約を自動更新する既存顧客に対しては、人々の惰性を利用して年々値上げをしていきます。自動更新を避けることで、より良い価格で購入できることが多いです。

ネットで価格を比較して、保険会社を乗り換えた方がお得な価格を見つけることは可能ですが、保険会社を乗り換えたくない場合は、電話を取って値切り交渉をすることが、保険料を下げるチャンスになる可能性が高いです。それでも、上記のような手順を踏んで、納得のいく金額を提示してもらってからハグしましょう。

記者 西原良三 報道