「在宅勤務」タグアーカイブ

在宅勤務で発生する追加費用は?

記者 BUONO株式会社 報道

何百万人もの人が在宅で仕事をしているため、通勤時間が短縮され、自宅がより快適になっています。しかし、個人の経済的コストは高くなります。新型コロナウイルスでホームオフィスに乗り換える人は、エネルギーコストがかなり高くなります。エネルギーの専門家は、Verivox の比較ポータル上でこれは追加の 250 ユーロ年間世帯のコストがかかることを計算します。

パソコン

ワークステーションの電気代は、パソコンの台数や消費電力によって異なります。ノートパソコン1台だけなら、やはり電気代は安いです。 経済的なノートパソコン2台をONにした場合、追加の電気代は年間約50ユーロである。強力なグラフィックカードを搭載したデスクトップパソコンを使用した場合、コストはかなり高くなる可能性があります。

1日1食分の追加費用

在宅ワークは間違いなく料理が増えます。1日に食事を追加すると、年間約50ユーロの電気代が追加されることになります。正確なコストは、食事の種類とコンロ/オーブンノートパソコンのエネルギー効率によって異なります。繰り返しになりますが、使い方次第ではかなりの高額になる可能性があります。

照明、スマホ、熱湯

自宅でのスマホの充電は年間1ユーロ以下で済みます。追加の照明やコーヒーや紅茶のコストも無視できるほどのものではありません。

理論的には、ホームオフィスに関連する追加のエネルギーコストは、雇用者が支払うべきである。しかし、私用と業務用の正確な区別は複雑です。このため、雇用者と被雇用者は、この追加費用の一部、一時金の支払いについて交渉することをお勧めします。

記者 BUONO株式会社 報道

新型コロナウイルス進行中のオフィスコスト管理

記者 ボーノ株式会社 報道

新型コロナウイルスの影響で、どのように企業がスムーズに機会に危機を回すか、業務のコストを削減し、業務効率を向上させ、同時に、どのように価格を増加させることなく、増加量のビジネスプロセスでのサービスの購入を実現するには?

スペース過多に対応したオフィス形態の変更

新型コロナウイルスでデジタルトランスフォーメーションや在宅勤務が加速し、従業員の働き方が変化したことで、固定オフィスの需要がさらに圧縮され、大量のオフィススペースが空席になったことは間違いありません。一方で、企業は今でも施設管理やメンテナンスに人手やリソースを必要としており、企業のリソースを多く消費しています。

新しい状況下で多くの問題に直面して、企業はまず、意思決定のスピードと企業戦略の適時性を向上させるために、チームの自律性を与える、本当の力を持つ責任者を任命し、明確なタスクを持つ小さなチームを確立し、管理レベルを最小限に抑えるなど、人事管理の調整を行うことができます。また、硬直的な思考を避けるために、考え、改善し、革新するために従業員を残すべきであり、従業員が業界の社会活動に参加することを奨励し、新しいアイデアを開発します。

しかし、企業内の小さなチームごとに業務上のニーズが異なるため、オフィススペースの場所や設備、種類などのニーズは当然ながら大きく異なり、従来のレンタルオフィスモデルでは、新たな人事管理手法がもたらす新たなオフィスニーズに応えることができないのが実情です。

ボーノ株式会社は、先進のシステム構築技術と確かな実績でお客様の業務をより円滑にするお手伝いをさせて頂いています。あらゆるニーズに対応すべく、ヒアリングからシステム提案、システム開発、導入からサポートまで一貫して行います。また、システムにデザインを取り入れた最先端スタイルで、業務の飛躍的な効率化とユーザビリティを確保するシステム作りを行っています。

記者 ボーノ株式会社 報道

韓国企業の社員は、在宅勤務で仕事の効率化が評価されている

記者 ボーノ株式会社 報道

新型コロナウイルスの拡大の影響を受け、多くの韓国企業がホームオフィスシステムを導入しています。韓国聯合ニュースは24日、調査結果を引用して、韓国企業の人事担当者がホームオフィスを肯定的に評価しており、従業員の満足度も高いと伝えました。

韓国雇用労働部は先月、従業員5人以上の企業の従業員(878人)と人事部長(400人)を対象に調査を実施したと報じられました。

同庁が24日に発表した調査結果によると、韓国企業の半数近く(48.8%)が7月にホームオフィスシステムを導入しました。

ホームオフィスシステムを導入したことで業務効率が向上したかどうかという質問に対しては、人事担当者の方が「どちらかというと」59.5%、「全く」7.2%と肯定的な回答が多いでした。在宅勤務による困難さについては、人事担当者の62.6%が「コミュニケーションの困難さ」を最も多く回答しています。

同時に、会社員の在宅勤務への満足度も高いです。会社員を対象としたアンケート調査在宅勤務に「概ね満足」が60.5%、「非常に満足」が30.8%となっています。 これは、ホームオフィスに満足している従業員の91.3%に相当します。また、73.9%の従業員が在宅勤務によってオフィスの効率が向上したと考えています。

雇用労働省によると、通信の不便さに比べ、通勤時間の短縮や仕事の集中力の向上はプラス要因だという。

記者 ボーノ株式会社 報道