「新型コロナウイルス」タグアーカイブ

ESPN、コスト削減のため300~700人をレイオフ、5年ぶり3回目の大規模レイオフへ 

記者 BUONO株式会社 報道

Front Office Sportsによると、ESPNは今後数週間で数百人の従業員をレイオフする可能性があり、ある情報筋は300~700人、別の情報筋は400人が職を失うと予想しています。新型コロナウイルスの拡大による経済の停滞は、メディア各社に深刻な影響を与えています。

今回のカットはESPNの舞台裏スタッフに最も影響を与えるだろうが、契約年数の長い一部のアンカーも影響を受ける可能性があります。また、ESPNは数千万ドルの人件費削減を目指して、幹部やトップの給与を下げるよう求めています。ESPNは、NFL、NHL、NBAと交渉する前に支出を縮小したいと考えており、NFLに大きな利害関係を求めており、NHLも追求しています。

現在、ESPNはブリストルにある本社で約4,000人、全世界で6,500人を雇用しています。

コスト削減の圧力は、ESPNの親会社であるディズニーから直接かかってきます。

流行病の間、ディズニーは有利なテーマパークやクルーズラインを閉鎖することを余儀なくされ、フロリダディズニーランドは現在再開されたが、南カリフォルニアのパークは閉鎖されたままであり、今後数ヶ月間は開かないかもしれません。最近、ディズニーはパークの25%、約2万8000人の雇用を削減しました。

もしこのレイオフが本当なら、ESPNにとっては5年間で3回目の大規模なレイオフとなります。2015年には350人の従業員を解雇したが、そのほとんどが裏方でした。

2年後には、Trent Dilfer、Jay Crawford、Britt McHenryなど、さらに100人以上のテレビやラジオのタレントを失いました。

もちろん、レイオフでコストを削減したのはESPNだけではなく、フォックス・スポーツやスポーツ・イラストレイテッドも削減を行っています。

記者 BUONO株式会社 報道

日本の大手生命保険会社がホームスポーツをサポートしている 

記者 株式会社FLT 報道

最近、新型コロナウイルスのためインターネットで自宅で見られるダンスや体操の動画が人気です。健康関連サービスに力を入れている日本の様々な生命保険会社も、自社に注目を集めるために様々な動画や関連コンテンツを公開しています。

日本生命は4月、動画共有サイト「YouTube」に「ニッセン体操・つるかめクス」という動画を投稿しました。長寿と健康の象徴である「鶴」と「亀」に扮した2人が、保育園児に大人気の音楽グループ「Keropons」の「つるかめクス」のメロディーに合わせて踊ります。

もともとこの動画は、4月に発売された認知症保険のプロモーションでアルツハイマー病を予防するために制作されたものです。新型コロナウイルスの拡大に、外出を控えている人が多く、プロモーションも少しずつしか広がっていません。動画の再生回数は、原曲「つるかめクス」の7000万回再生には及ばないものの、5月18日までに4万回以上再生されています。

日本生命の担当者は「子どもからお年寄りまで、全身をやさしく動かすことができる。みんなで楽しく踊って、動き不足を解消したい」と述べています。

また、住友生命保険相互会社は、外出を控えていることからストレッチ筋トレに関する動画を3本YouTobeにアップしており、人気フィギュアスケーターの浅田舞さんと浅田真央さん姉妹がトレーニング方法を実演している動画も公開しています。

各動画の視聴回数は30万回を超えています。住友生命もスポーツを通じて保険料を割引する「バイタリティ」を推進しました。

前回の明治安田生命保険相互会社では、自宅でできるストレッチ体操などの動画も公開しています。

記者 株式会社FLT 報道

韓国企業の社員は、在宅勤務で仕事の効率化が評価されている

記者 ボーノ株式会社 報道

新型コロナウイルスの拡大の影響を受け、多くの韓国企業がホームオフィスシステムを導入しています。韓国聯合ニュースは24日、調査結果を引用して、韓国企業の人事担当者がホームオフィスを肯定的に評価しており、従業員の満足度も高いと伝えました。

韓国雇用労働部は先月、従業員5人以上の企業の従業員(878人)と人事部長(400人)を対象に調査を実施したと報じられました。

同庁が24日に発表した調査結果によると、韓国企業の半数近く(48.8%)が7月にホームオフィスシステムを導入しました。

ホームオフィスシステムを導入したことで業務効率が向上したかどうかという質問に対しては、人事担当者の方が「どちらかというと」59.5%、「全く」7.2%と肯定的な回答が多いでした。在宅勤務による困難さについては、人事担当者の62.6%が「コミュニケーションの困難さ」を最も多く回答しています。

同時に、会社員の在宅勤務への満足度も高いです。会社員を対象としたアンケート調査在宅勤務に「概ね満足」が60.5%、「非常に満足」が30.8%となっています。 これは、ホームオフィスに満足している従業員の91.3%に相当します。また、73.9%の従業員が在宅勤務によってオフィスの効率が向上したと考えています。

雇用労働省によると、通信の不便さに比べ、通勤時間の短縮や仕事の集中力の向上はプラス要因だという。

記者 ボーノ株式会社 報道

また銀行のレイオフか? この大手国際銀行は2,000人のレイオフを発表し、業界は1年間で6万人をレイオフした

記者 エクシアジャパン 報道

新型コロナウイルスのためにレイオフ計画を保留にしていた外資系銀行は、状況が少し和らぐにつれ、レイオフモードに戻っています。

シティバンクは今週からレイオフを再開すると発表しており、全世界の従業員の1%に影響する約2,000人のレイオフとなる見通しです。シティは、今年は2万6000人の従業員を雇用しているため、銀行全体の従業員数は減ることはないとしています。今年の第2四半期末には、シティグループの総労働力は約20万4千人となりました。

また、スウェーデン商業銀行が今後2年間で約1,000人の解雇を提案するなど、海外の銀行も最近解雇を発表しており、ロイズ銀行も新型コロナウイルスのために保留していた解雇計画を再開し、639人を削減すると発表しています。

今年は、シティバンク、HSBC、ウェルズ・ファーゴ、モルガン・スタンレーなどの投資銀行が、新型コロナウイルスの蔓延を理由にレイオフ計画を保留することを約束したが、景気後退と低金利環境がこれらの大手銀行の収益に影響を与えているため、多くの外資系銀行がレイオフを議題に戻しています。

HSBCは6月、35,000人規模のレイオフプログラムを再開し、45億ドルのコスト削減とほぼすべての外部雇用を凍結しました。5月には、ドイツ銀行が外資系大手銀行として初めて、感染症のために解雇を停止する計画を再開しました。

今年の世界の銀行の総解雇者数は6万人を超える

データによると、今年の世界の銀行業界で発表された人員削減の総数は6万3800人に達し、昨年の8万人近くのレイオフは2015年以来最大規模で、今年は例年を上回る可能性があると予想されています。

欧米からアジア、アフリカまで世界の銀行業界全体を見てみると、今年は30行以上の銀行が解雇を予定しています。データによると、銀行のレイオフ件数は欧州で4万9700人と大幅に多く、次いでアジア太平洋地域で1万9300人、北米では46万人となっています。

しかし、多くの銀行が計画を開示せずに従業員を解雇しているため、実際には解雇された人の方が多いのかもしれません。

メディアサイト「NS Banking」によると、スウェーデン最大の民間商業銀行であるスベリゲス商業銀行は9月16日、今後2年間で約1,000人の従業員を解雇すると発表しました。

それに先立ち、ウェルズ・ファーゴはまた、新型コロナウイルスのために8月上旬に停止していたレイオフを再開していると発表しました。ロイズ銀行とスタンダードチャータード銀行も先日、一部のポジションが解消されるというニュースが流れました。

同時に、コンタギオンによる世界の銀行セクターの資産の質の悪化が徐々に露呈してきます。外資系銀行のレイオフ再開は、このような背景もあります。

信用格付け会社のS&Pは7月、世界の銀行の不良債権は今年1.3兆ドルに達し、2021年末までには2.1兆ドルに達するとの報告書を発表し、この流行は銀行の資産の質に深刻かつ永続的な影響を与えるとしています。

記者 エクシアジャパン 報道

Qualia、総合的なデジタル住宅購入を導入

記者 西原良三 報道

2020年8月12日、世界有数のデジタル不動産取引プラットフォームであるQualiaは、Future of Real Estate Summit(FORES)サマーカンファレンスで、完全にデジタル化された非接触型の住宅閉鎖を可能にするリモートオンライン公証人(RON)製品であるQualia RONをリリースしたことを発表しました。

Qualia RONは、クオリアのエンドツーエンドのクラウドベースのソフトウェアプラットフォームに直接組み込まれたリモートオンライン公証機能を備えた、クオリア初で唯一のタイトルおよびエスクローソフトウェアプラットフォームとなります。

このソリューションは、毎年発生する何百万もの不動産購入やリファイナンスが、COVID-19の拡大の間、そしてそれ以降もデジタルで安全に継続されることを保証するのに役立ちます。

クオリアの共同創設者兼CEOであるNate Baker氏は、次のように述べています「新型コロナウイルスは、非接触型のデジタル住宅購入体験に対する需要を加速させ、かつては贅沢品と考えられていたものを必需品に変えました。当社のチームがこの数ヶ月間に行ったQualia RONの開発と、当社の不動産エコシステムをサポートし、よりシームレスなデジタル不動産取引を可能にする、よく考えられた使いやすい製品の市場投入に誇りを持っています」。

遠隔地でのオンライン公証は、完全にデジタル化された住宅購入体験の最後の障壁の一つです。Qualiaの一連の製品およびサービスは、これらの障壁を取り除き、住宅の売買を容易にするように設計されています。Qualia RONにより、タイトル会社は、クロージングプロセスを通じて、顧客の電子署名体験を安全かつ直接管理し、合理化することができます。QualiaのRONソリューションにより、タイトル会社は、顧客コミュニケーションポータルであるQualia Connectで、Qualiaの既存のセキュアなドキュメント共有機能と電子署名機能を活用することができます。

Qualia RONは、タイトルおよびレコードホスティングシステムとの完全な統合に特化して構築された初のRONソリューションで、個別のRONポイントソリューションを必要としません。 Qualia RONは、Qualiaプラットフォームに組み込まれたQualia Connectからアクセスできます。

記者 西原良三 報道