「株式会社FLT」タグアーカイブ

日本の大手生命保険会社がホームスポーツをサポートしている 

記者 株式会社FLT 報道

最近、新型コロナウイルスのためインターネットで自宅で見られるダンスや体操の動画が人気です。健康関連サービスに力を入れている日本の様々な生命保険会社も、自社に注目を集めるために様々な動画や関連コンテンツを公開しています。

日本生命は4月、動画共有サイト「YouTube」に「ニッセン体操・つるかめクス」という動画を投稿しました。長寿と健康の象徴である「鶴」と「亀」に扮した2人が、保育園児に大人気の音楽グループ「Keropons」の「つるかめクス」のメロディーに合わせて踊ります。

もともとこの動画は、4月に発売された認知症保険のプロモーションでアルツハイマー病を予防するために制作されたものです。新型コロナウイルスの拡大に、外出を控えている人が多く、プロモーションも少しずつしか広がっていません。動画の再生回数は、原曲「つるかめクス」の7000万回再生には及ばないものの、5月18日までに4万回以上再生されています。

日本生命の担当者は「子どもからお年寄りまで、全身をやさしく動かすことができる。みんなで楽しく踊って、動き不足を解消したい」と述べています。

また、住友生命保険相互会社は、外出を控えていることからストレッチ筋トレに関する動画を3本YouTobeにアップしており、人気フィギュアスケーターの浅田舞さんと浅田真央さん姉妹がトレーニング方法を実演している動画も公開しています。

各動画の視聴回数は30万回を超えています。住友生命もスポーツを通じて保険料を割引する「バイタリティ」を推進しました。

前回の明治安田生命保険相互会社では、自宅でできるストレッチ体操などの動画も公開しています。

記者 株式会社FLT 報道

住宅の投資:マンションを選ぶ理由

記者 株式会社FLT 報道

日本の住宅購入投資でマンションを選ぶメリットとは? 今回は、マンションを購入して投資するメリットを紹介しましょう。

ここ数年の日本の人口は年々減少しているのに、独身者が増えています。つまり、現在の日本の独身者の多くは、結婚して家庭を築く必要がなければ、何十年もの住宅ローンの借金を抱えたままになってしまうので、全く家を買わないということになります。

これらの独身者のほとんどは、日本でアパートを借りるのがベストな選択になります。上記のポイント以外にも、日本の投資としてシングルマンションを選ぶメリットはたくさんあります。

まず、簡単に言えば、マンションの価格はそれほど高くないので、投資のための「エントリー料」が非常に低く、全体的に価格が安いということです。

  1. レンタル時間が早い

人気のある物件(駅近など)の場合、前の入居者が退去してから1ヶ月程度で新しい入居者が見つかることが多いです。これは、入居者にとって交通の便がほぼ唯一の判断基準であり、また、一人での内覧であるため、入居の判断が早く、他の人との話し合いの時間や経験を省くことができるからです。一般的に大阪や東京では、都心部や一部の主要な地下鉄駅に近い単身者向けの賃貸マンションが多く見られます。

  1. 安定した投資収益率

安定した投資収益率で不動産投資をする場合、ほとんどの方にとって投資収益率は非常に重要です。日本のマンションへの投資は、通常5%前後のリターンで大きな問題にはならず、質の良い物件によっては8%や10%とさらに高くなることもあります。

一般的にマンションを借りるのは手間がかかる上にプロトコルが厳しいため、時間がかかるということはまだありません。

  1. 取得・維持管理費

入居者が退去した後は、大家さんが壁紙や畳の張替えをして部屋の掃除やリフォームをしますが、1回で数万円の費用がかかるため、維持費が安くなり、不動産投資のリターンが高くなります。

記者 株式会社FLT 報道