「生命保険」タグアーカイブ

イギリスで住宅を購入する際の住宅保険とは? 家の保険料を安くするには?

記者 西原良三 報道

国際的な舞台で投資の視野を広げる人が増えている中、イギリスの不動産は注目を集めており、特に投資家に人気があります。ということで、イギリスで家を購入する際の住宅保険とは何なのか、保険料を安くするにはどうすればいいのか、今日はサクッと見てみましょう。

イギリスでは、家が関係する保険は4種類あります。

  1. 建物保険(buildings insurance):建物自体、レンガや石材で造られた什器や建具に対する保険です。
  2. コンテンツ保険(contents insurance):建物に追加した家具や家電などの家財道具の保険、建物保険はフリーオーナーの場合のみ必要ですが、内容物保険は持ち家と賃貸人の両方に配慮した保険です。
  3. 住宅ローン支払保障保険:「毎月の住宅ローンの支払いを怠ると、財産が差し押さえられる可能性がある」という忌み嫌われているようにも聞こえるし、親近感が湧きます。しかし、空は常に限界ですが、それはまさに住宅ローン支払保護保険(MPPI)のために存在するものです。そして、MPPは60日以内に支払いを開始しますので、MPPIが効くまでの最大2ヶ月間は月々の支払いを自分で用意するだけで、開始後は最低でも12ヶ月間は継続します。
  4. 生命保険(Life Assurance):生命保険も住宅ローンを組んでいる人にとっては重要な保障であり、多くの住宅ローン会社が借り手に生命保険に加入することを主張しています。生命保険は不要と思われるかもしれませんが、ポイントは、自分に何かあったときに、大切な人が保護された家を維持するために生命保険を利用することです。養老ローンを組んでいる人は、追加で生命保険に加入する必要はありません。 終末期の病気の給付金は余計な費用がかからないので、終末期の病気と診断されても、死亡時には保険金が支払われることになります。保険料の免除とは、非自発的に失業したり、病気で働けなくなったりした場合、失業や病気の保障がなくても、生命保険料が自動的に支払われ続けることを意味します。

では、住宅保険をお得に加入するためにはどうすればいいのでしょうか?

1.建物の「再構築価値」を正しく保険に入れることで、多くのお金を節約することができます。宅建保険でよく間違われるのが、建物の「時価」に保険をかけることです。つまり、人々は英国の不動産の市場価格に対して保険をかけることになりますが、その再建価格ではありません(建物が破壊された場合、不動産を再建するための費用、主に建築材料、人件費、建築家の費用は、あなたの家が再建されている間、一時的な家で生活するための費用もカバーする必要があります)。

  1. 無保険のコンテンツ保険に加入すると、保険金の請求が少なくなります。保険未加入の持ち物は、多くの人が陥りがちなミスで、請求をする必要があるときに、実際の持ち物の価値よりも低い金額を支払わされてしまうことになりかねません。例えば、あなたは£20,000のための不動産を保証しますが、あなたは実際に家の中に£40,000の価値のあるコンテンツを持っている場合、あなたはクレームを行う必要がある場合にのみ、実際の値の半分を得ることができます。
  2. 月々の支払いは高金利のローンです。月々の支払いは基本的に高金利のローンを一括で返済するか、低金利のクレジットカード(もっと言えば金利0%のクレジットカードで支払いをする方が費用対効果が高い場合が多いです)を利用して、1年以内にカードローンを完済できるかどうかだけを確認しておきましょう。
  3. 早めに見積もりを取った方が有利かもしれません。保険会社によっては、条件が変わらないことを条件に、最大90日まで見積もり価格を維持できるところもあります。このように、保険料が上昇する傾向にある中で、早期に見積もりを取得することは、通常、より安い保険料で結果を得ています。

5.自動更新は避けるか、せめて値段だけでも言い合いになるようにしましょう。保険会社は多くの場合、新規顧客には最高の価格を提示しますが、契約を自動更新する既存顧客に対しては、人々の惰性を利用して年々値上げをしていきます。自動更新を避けることで、より良い価格で購入できることが多いです。

ネットで価格を比較して、保険会社を乗り換えた方がお得な価格を見つけることは可能ですが、保険会社を乗り換えたくない場合は、電話を取って値切り交渉をすることが、保険料を下げるチャンスになる可能性が高いです。それでも、上記のような手順を踏んで、納得のいく金額を提示してもらってからハグしましょう。

記者 西原良三 報道