「不動産投資」カテゴリーアーカイブ

住宅の投資:マンションを選ぶ理由

記者 株式会社FLT 報道

日本の住宅購入投資でマンションを選ぶメリットとは? 今回は、マンションを購入して投資するメリットを紹介しましょう。

ここ数年の日本の人口は年々減少しているのに、独身者が増えています。つまり、現在の日本の独身者の多くは、結婚して家庭を築く必要がなければ、何十年もの住宅ローンの借金を抱えたままになってしまうので、全く家を買わないということになります。

これらの独身者のほとんどは、日本でアパートを借りるのがベストな選択になります。上記のポイント以外にも、日本の投資としてシングルマンションを選ぶメリットはたくさんあります。

まず、簡単に言えば、マンションの価格はそれほど高くないので、投資のための「エントリー料」が非常に低く、全体的に価格が安いということです。

  1. レンタル時間が早い

人気のある物件(駅近など)の場合、前の入居者が退去してから1ヶ月程度で新しい入居者が見つかることが多いです。これは、入居者にとって交通の便がほぼ唯一の判断基準であり、また、一人での内覧であるため、入居の判断が早く、他の人との話し合いの時間や経験を省くことができるからです。一般的に大阪や東京では、都心部や一部の主要な地下鉄駅に近い単身者向けの賃貸マンションが多く見られます。

  1. 安定した投資収益率

安定した投資収益率で不動産投資をする場合、ほとんどの方にとって投資収益率は非常に重要です。日本のマンションへの投資は、通常5%前後のリターンで大きな問題にはならず、質の良い物件によっては8%や10%とさらに高くなることもあります。

一般的にマンションを借りるのは手間がかかる上にプロトコルが厳しいため、時間がかかるということはまだありません。

  1. 取得・維持管理費

入居者が退去した後は、大家さんが壁紙や畳の張替えをして部屋の掃除やリフォームをしますが、1回で数万円の費用がかかるため、維持費が安くなり、不動産投資のリターンが高くなります。

記者 株式会社FLT 報道

海外の大家さんは、イギリスの物件の家賃に税金を払わなければならないのでしょうか?

記者 西原良三 報道

イギリスでは賃貸市場に大きな格差が生じており、賃貸住宅の需要が高まっています。

英国の若者人口に加え、留学生市場の成長力も侮れないものである。

この点、日本国内の投資家はイギリスで賃貸物件を購入することを選択することになるので、海外の大家さんはイギリスの賃貸物件に税金を払う必要があるのでしょうか?

イギリスの賃貸収入にかかる税金の計算

海外の家主は、毎年税務署に英国の賃貸収入を正直に申告しなければならず、個人の年間自己申告は毎年期限内に内国歳入庁に提出しなければならず、英国の個人所得税は特定の所得帯に応じて納付しなければなりません。

賦課時間:年間の賃貸収入は、税務上の未収家賃から経費の累計額を差し引いたものとして計算されます。エージェントやテナントの現金計算とは異なりますのでご注意ください。

控除対象経費:個人の所得税が課税されるのは、関連経費を差し引いた後の所得を指す純賃貸料収入のみであることは注目に値します。一般的に、損金算入費用には、以下のようなものがあります。

経理手数料、建物引渡し在庫料、家賃管理料、ガーデニング料、住宅ローン利息、仲介手数料、管理費、地方交付税

土地の購入、住宅の元金、住宅改修費などの資本的支出については、賃貸住宅税の課税標準を計算するための控除は認められません。

また、家具等の住宅金物の交換に要した費用は、損金算入の際に損金算入率10%の損耗控除の選択をした場合には、損金算入できません。

Income Tax rates and bands

当税年度(2018年4月6日~2019年4月5日)の年間個人手当は11,850ポンド、11,851ポンド~46,350ポンドの間の所得の部分は20%、46,351ポンド~150,000ポンドの間の部分は40%、150,000ポンドを超える部分は45%となっています。

Personal Allowance

今年度の個人手当は£11,850なので、イギリスで£11,850以上稼がないと課税されず、イギリスで£100,000以上稼いだ場合は、£100,000を超えると£2ごとに£1ずつ個人手当が減額され、イギリスの所得が£123,700になると個人手当を受ける権利がなくなることを意味しています。

注意点としては、海外の大家さんがイギリスの物件の家賃に税金を払う必要があるかどうかについては、記事で詳しく解説していますが、人によって問題が発生する可能性がありますので、誤解を生まないように、やはり自分の状況に合わせて合理的に扱う必要があります。

記者 西原良三 報道

不動産界の巨人バフェット・プロパティーズがスペインに進出!

記者 西原良三 報道

バフェット氏のグループは、スペインの不動産業界への参入を目指し、スペインのコスタ・デル・ソルにある現地エージェントを初めて購入しました。彼らの目標は「ヨーロッパのフロリダ」を作ることで、評判の良いスペイン人や外国人をターゲットにしています。

バフェットの不動産部門は、高級住宅を専門とするコンサルティング会社の助けを借りて1年前にスペインに上陸し、最初の現地エージェントを獲得した後、バフェットは不動産の足跡を拡大するためにスペインでのビジネスチャンスを模索し続けています。

バフェットの不動産部門は、世界中から豪華な旅行者が集まるスペインのコスタ・デル・ソルに上陸し、スペインでの事業拡大を続ける同社の出発点となりました。

バフェットのチームは、バレアレス諸島、カナリア諸島、地中海沿岸の3つの特定の地域に焦点を当てて、スペインでの機会を探しています。

彼らは、首都や沿岸部の高級住宅を探しているスペイン人、スペインでの定住や休暇を恒久的に探している外国人、不動産部門で利益を上げようとしている投資家などをターゲットにしていることで知られています。

記者 西原良三 報道

不動産はケニア人の間で大きな価値の蓄えとなっている

記者 西原良三 報道

この国では、不動産開発業者や分譲地、その後の販売代理店が、あらゆる人生の歩みからケニア人の夢と野望を取り込むことで繁栄しています。

株を所有しているアメリカ人や年金を所有しているイギリス人、貴金属を所有している旧ソビエト共和国とは異なり、ケニア人の間では不動産が大きな価値のある資産となっています。

遠方の埋蔵地に対する楽観と先見の明、地域の将来の発展への期待、都市部の無計画開発の購入は、何千人もの人々が新たな方法で不動産所有の道に入る機会を提供してきました。

ねずみ講詐欺師が無実のケニア人を騙した後、一部の著名な土地業者や無計画な崩壊が全国的に注目されるようになり、著名な建設業者が街中のきらびやかな看板で晒され、2人の不動産業者が他の開発から何十キロも離れた場所に物件を作っていたり、アパートを売る前の建設業者による地鎮祭が相変わらず増殖していました。

また、細分化機関から直接支払いプランを購入する場合、遠隔地の細分化ロットの購入にも保証金が必要となり、OptivenではUIP属性の38%、ユーザーネーム属性の28%が必要となり、Safaricom Investment Cooperativeでは揮発性の高い保証金が必要となっています。

長期返済プランを提供する際に、前金を必要とすることのメリットとデメリットは何でしょうか?

Austin Kellyの調査によると、不動産購入時の頭金は住宅ローンデフォルトのリスクを減らすことができます。

しかし、デベロッパーや土地業者が買主に対して独自の支払い計画を立てている場合は、支払いが完了するまで物件の名義を名乗ることができ、買主が別の投資家である競売人に簡単に売却することができるため、債務不履行の際の損失は非常に少ないため、同じようなリスクに直面することはありませんが、長い裁判手続きを経る必要はありません。

残念なことに、通常は資金不足に陥っている計画外のプロジェクトの開発者は、プロジェクトを開始したり、さらに進めたりするために預金を利用することになります。

開発者に十分な資金があり、計画外のプロジェクトを建設するための保証金に頼る必要がないため、長期的に全体の完成が疑われるようなことがなければ、投資家は、より多くの顧客をもたらすであろう多額の前払いをすることなく、毎月の支払いから始めることができます。

Gary Engelhardt氏が行った長期的な研究によると、不動産購入は、そもそも支払い計画を必要とする人にとって、時間をかけてではなく、一度に多額の資金を調達するという課題があるため、より高い預金要件に対応していることが示されています。

預金の必要性も、特に無計画な不動産やアパートの購入を鈍らせています。

記者 西原良三 報道

トルコのクリプトブルマーケット

記者 ジュビリーエース 報道

トルコのビットコインユーザーは、取引所での取引量の増加から引き出せる結論である強気の市場を待っていました。

BTCTurkは、イスタンブールで最大かつ最も多く登録されているクリプトカレンシー取引所です。同社のCEOであるOzgur Güneri氏によると、BTCTurkの取引量は昨年の4倍に増加し、2020年7月現在、月間アクティブユーザー10万人近くを含む100万人近くのアカウントを保有しているという。

「今年の8月、BTCTurkの取引量はオールタイムで最高に達し、登録数は今年最高レベルに達する可能性があります。これも価格変動によるものです。理由はどうであれ、トルコの経済危機とクリプトカレンシーの取引活動の関係は変化しているようです。」とGüneri氏は述べています。

急成長するトルコのクリプトカレンシー市場

ジュビリーエースの分析によると、2018年9月から2019年6月までの間、BTCTurkの取引量のピークは、実際にはインフレのピーク時ではなく、トルコの不換紙幣リラの上昇時に発生しました。しかし、4月にトルコが新冠の流行で大打撃を受けたことで、状況は一転しました。以来、リラ崩壊のニュースがあるたびに、取引所の取引量が急増しています。

BTCTurkはこれまでトルコ市場を席巻しており、中東の多くの準拠した取引プラットフォームよりも早く成長しています。

Güneri氏によると、マスメディアビットコインを販売するための最良の方法であることに変わりはないという。BTCTurkは、サッカーのトルコ代表チームのような主流の文化団体に協賛することで、ブランド認知度を高めるだけでなく、マスメディアを通じたプロモーションも行っています。

メインストリームメディアでのプロモーションに加えて、BTCTurkはビットコインをテーマにしたポッドキャストやYouTubeのトークショー「Kriptometre」(トルコの著名な著名人を集めたトークショーで、現在第3シーズンを撮影中)のスポンサーにもなっています。

Güneri氏は、「私たちは、すべての投資活動の主な目的は、有名ブランドや大規模な機関との提携だけでなく、社会的な信頼を得ることだと考えています」と述べています。 トルコ人は伝統的に、経済状況にかかわらず価値を維持できるハード資産を好んできました。 一部のトルコ人にとって、ビットコインはもう一つの選択肢、新世代のハード資産となる。」と述べました。

記者 ジュビリーエース 報道

Qualia、総合的なデジタル住宅購入を導入

記者 西原良三 報道

2020年8月12日、世界有数のデジタル不動産取引プラットフォームであるQualiaは、Future of Real Estate Summit(FORES)サマーカンファレンスで、完全にデジタル化された非接触型の住宅閉鎖を可能にするリモートオンライン公証人(RON)製品であるQualia RONをリリースしたことを発表しました。

Qualia RONは、クオリアのエンドツーエンドのクラウドベースのソフトウェアプラットフォームに直接組み込まれたリモートオンライン公証機能を備えた、クオリア初で唯一のタイトルおよびエスクローソフトウェアプラットフォームとなります。

このソリューションは、毎年発生する何百万もの不動産購入やリファイナンスが、COVID-19の拡大の間、そしてそれ以降もデジタルで安全に継続されることを保証するのに役立ちます。

クオリアの共同創設者兼CEOであるNate Baker氏は、次のように述べています「新型コロナウイルスは、非接触型のデジタル住宅購入体験に対する需要を加速させ、かつては贅沢品と考えられていたものを必需品に変えました。当社のチームがこの数ヶ月間に行ったQualia RONの開発と、当社の不動産エコシステムをサポートし、よりシームレスなデジタル不動産取引を可能にする、よく考えられた使いやすい製品の市場投入に誇りを持っています」。

遠隔地でのオンライン公証は、完全にデジタル化された住宅購入体験の最後の障壁の一つです。Qualiaの一連の製品およびサービスは、これらの障壁を取り除き、住宅の売買を容易にするように設計されています。Qualia RONにより、タイトル会社は、クロージングプロセスを通じて、顧客の電子署名体験を安全かつ直接管理し、合理化することができます。QualiaのRONソリューションにより、タイトル会社は、顧客コミュニケーションポータルであるQualia Connectで、Qualiaの既存のセキュアなドキュメント共有機能と電子署名機能を活用することができます。

Qualia RONは、タイトルおよびレコードホスティングシステムとの完全な統合に特化して構築された初のRONソリューションで、個別のRONポイントソリューションを必要としません。 Qualia RONは、Qualiaプラットフォームに組み込まれたQualia Connectからアクセスできます。

記者 西原良三 報道

イギリスの固定資産税は毎年支払わなければならないのでしょうか?

記者 西原良三 報道

近年、観光だけでなく、新年の投資機会を求めて多くの日本人がイギリスにやってきています。個人利用であれ、長期投資であれ、英国の不動産には多くの税金の影響があります。今日は、西原良三氏が、多くの人が疑問に思うであろう、イギリスの固定資産税は毎年どうなっているのかを紹介します。

英国の不動産を購入する際に発生する可能性のある税金には6つのカテゴリーがあります:不動産購入時の印紙税、不動産を賃貸して得た収入に対する個人所得税、不動産の売却時のキャピタルゲイン税、不動産の贈与時の贈与税、相続税。

イギリスで家を買うには毎年税金を払わないといけないのでしょうか? まずは、イギリスでの住宅購入や売却の際に、購入価格以外に必要な主な費用をご紹介します。

  1. 初回購入税

イギリスでは、購入税には2段階のレベルがあります。例えば、ロンドンでは、家の総価格が25万ポンドを超え、購入者は不動産の総価格の3%を支払うというタックスブラケットがあります。しかし、25万ポンド以下の家を購入した場合、購入税は1%に軽減されます。つまり、財政的に弱っている場合は、税金の面で政府があなたにもっと気を使ってくれるということです。

売る側であれば、自分の名義の第一号の家であれば、その間にいくら稼いでも税金を払う必要はありません。しかし、セカンドホームであれば、20%の利益税を払わなければなりません。 ここで注意しなければならないのは、20%の利益税は「ワン・サイズ・フィット・オール」ではないということです。

それは、今日は家を売って利益を得て、政府がその一部を持って行ってくれますが、以前に家の売買や株の売買で損をしたとしたらどうでしょうか?

そこで英国政府は、より公平な方法を選択しました:利益税は財産だけでなく、総所得にも課税されます。自宅の売却で儲けても、株式市場や他の投資で損をした場合、その分を相殺することができ、政府が20%を持っていくことになります。

2.2回目の弁護士費用、ホームインスペクション費用、印紙税

これらは取引に必要な経費です。1回の取引で3,000ポンド前後の費用がかかります。

3.サードパーティの仲介

ここで注意したいのは、買主はエージェント料を支払う必要がなく、売主だけが総額の1%に相当するエージェント料を支払わなければならないということです。家を購入したら、主な費用はカウンシルタックスです。ロンドンの5つの行政区にある平均的な3ベッドルームの家では、年間約1,500ポンドの費用がかかりますが、これは主に地方議会がゴミの撤去や公立学校の先生の授業料などに使っています。

ロンドンの住宅価格が高いのは紛れもない事実です。

しかし、外国人バイヤーにとっては、現金を使って購入する限り、どの国の国民であっても大歓迎です。もちろん、購入のためのローンを組むには、通常は自国の国民であるか、イギリスの就労ビザを持った居住者である必要がありますし、海外のバイヤーも銀行で審査を受けてからローンを組むことができます。

  • あとはローンと頭金

通常、イギリスの住宅購入の頭金は25%ですが、その後は高い金利を支払う必要がありますが、15%しか払わないケースもあります。

しかし、初めての購入であれば、住宅ローンの金利がお得になります。 さらに、経済を活性化させ、人々に新築住宅の購入を促すために、イギリス政府は、初めて購入して新築住宅を購入する場合、頭金は5%で済むようにしています。残り95%のうち75%を銀行が貸してくれて、最後の20%は国の補償で支払われます。

記者 西原良三 報道

FRSがデジタル通貨の実験を行っている

記者 ジュビリーエース 報道

米連邦準備制度(Federal Reserve System, FRS)は、分散型台帳技術とそれがデジタルドルにどのように利用できるかを積極的に研究しています。

中央銀行はここ数年、デジタル通貨が既存の決済エコシステム、金融政策、金融安定性、銀行業界に与える影響を研究するため、分散型台帳技術のテストを行ってきたと、FRSのLael Brainard総裁は述べています。

ジュビリーエース

これらの重要な問題を念頭に置いて、Brainerd氏は最近、連邦準備制度理事会が分散型台帳技術とデジタル通貨の潜在的な利用事例に関連した研究と実験に積極的に取り組んでいると述べています。

Brainerd氏は、保釈金を受け取った人がお金を受け取るとすぐにお金を使ってしまうことから、早急な回収オプションの必要性が強いことを示唆しているのではないかと指摘しています。

Brainerd氏は、「新型コロナの拡大は、すべてのアメリカ人が利用できる回復力のある信頼できる決済インフラの重要性を劇的に思い出させるものです。」と述べています。

彼女は、多くの家族が新型コロナの拡大の初期に劇的に削減し、救済金が利用可能になるまで、それはいくつかの家族が彼らの支出を増やすようになったと述べました。

緊急景気対策の救済資金を分配する方法としてのデジタルドルのアイデアは新しいものではありません。議会は3月からこのオプションを検討しているが、中央銀行向けのブロックチェーンベースのデジタル通貨はいまだに導入されていません。

実験的

米下院議員は以前、デジタルドルの潜在的な利益に関するJerome Powell連邦準備制度理事会(FRS)議長の見解を質問した。昨年11月、規制当局は中央銀行が潜在的な利益とコストを「慎重に分析している」と述べました。

Powell氏は当時、FRSがデジタルドルを積極的に開発していないのは、他の国の中央銀行のデジタル通貨プログラムと比較して使用が制限される可能性があり、また、プライバシー消費者保護の懸念があるからだと述べていました。

Brainard氏は先日、プライバシーと消費者保護に関する質問に回答した。 連邦準備制度の実験が進んだことを確認しました。同氏は、「デジタル通貨に対する連邦準備銀行の理解を深めるため、ボストン連邦準備銀行はマサチューセッツ工科大学の研究者と協力して、中央銀行が使用する実験的なデジタル通貨の構築とテストに取り組む予定だ 」と述べています。

これらの実験的なデジタル通貨のコードはオープンソースで公開テストが可能です。

記者 ジュビリーエース 報道

KeeperDAOとは?

記者 ジュビリーエース 報道

先週の金曜日、KeeperDAOはPolychainとThree Arrowsからの7桁のシードラウンドの投資を未公開の金額で発表しました。    

KeeperDAOはオンチェーンの流動性アンダーライターです。

簡単に言えば、KeeperDAOはユーザー(流動性提供者)が預かったクリプトカラントをプールし、Keeper(定量化ボット)がアルゴリズムやプログラムを使ってDeFiアプリケーションのアービトラージや利益機会を見つけ、後から参加者に貢献度に応じて収益を分配するというものです。ユーザーがKeeperDAOに預けた暗号通貨は、スマートコントラクトの下でエスクローに保管されるため、ユーザーの資金はスマートコントラクトのリスクにさらされますが、プロジェクトオーナーが逃げ出すリスクはありません。

KeeperDAODeFiのマイニングプールです

ビットコインのマイニングプールとは「演算能力」が集まる場所のことで、例えばビットコインのマイニングプールでは、複数のマイニングマシンの演算能力を集めて一緒に採掘し、演算能力が高ければ高いほどブロックの確率が高くなり、より多くのビットコインを採掘することができます;同時に、プロのマイニングプールでは、マイニングにかかるコストをコントロールするためのコスト管理策も用意されています。

KeeperDAOにとって、その「力」は、現在サポートしている唯一のクリプトカレンシーであるETH(イーサコイン)を受け取るクリプトカレンシーから来ています。

ここでは、KeeperDAOは裁定取引や他の有益な取引のために寄託されたすべてのクリプトカラ-を集約しています。

裁定取引の機会の1つは、KyberとUniswap、またはCurveとmStableの間に存在し、収益性の高い取引の種類には、CompoundとMakerでの担保付き融資の流動化、Setでのポートフォリオのリバランスなどがあります。今回の発表から、KeeperDAOは、投機的な取引を伴わず、確実なリターン(流動性のみの提供)を求めて、将来的にはより多くのDeFi商品間での利益機会を模索していくことになります。

クリプトカラントの受信数が増えれば増えるほど、KeeperDAOはより多くの流動性を提供することができ、利益を得る機会が増えていきます。

KeeperDAOでは、トランザクションはKeeperを介して行われます。KeeperDAO がチェスにおけるハンディキャップの概念とゲーム理論からトリガー戦略の使用を借用していることは興味深いです。

ハンディキャップのコンセプトは、一点の採算性ではなく、世界的な採算性を重視しましょう。 現在、Ethereum上のロボットや個人は、彼らが支払うガス(Ethereumのネットワーク料金)の量を増やすことで、取引を処理するために競争しており、これも取引を処理するためのコストを押し上げ、Ethereumのネットワークに混雑を引き起こしています。しかし、ハンディキャップの仕組みを通して、キーパーは協力することでより多くの収益を上げることができることに気づくでしょう。それは参加者間の不健全な競争(底辺へのレース)とそれが必要とするガスを大幅に減らすだけでなく、KeeperDAOの総収益を増やすことができます。

トリガー戦略とは、取引相手よりも高い価格(この場合はgas料金)を提示して取引を処理する権利を勝ち取り、保証された利益を得る戦略である。キーパーは最初に取引のための最低限のガス料金を提示し、それが別の高額な入札を見つけた場合は、取引が利益を得られなくなるまで支払うガス料金を増加させます。これにより、キーパーは負けた取引をしないことを保証します。

KeeperDAOの意味

KeeperDAOの最大の意義は、DeFiエコシステムの参加者に新たな協力のあり方を提供することであり、クリアラーとアービトラージアはもはや「単独で戦う」「互いに競い合う」必要はなく、DeFiエコシステムの中で利益機会を見つけるために協力することを選択できるようになることです。

これはまた、取引やアービトラージやクリアリングプログラムを実行できないユーザーの参加障壁を下げ、ユーザーはKeeperDAOのスマートコントラクトに暗号通貨を投入するだけで受動的な収入を享受することができ、スマートコントラクトに投入されたこれらの暗号通貨はDeFiエコシステムに必要な流動性を提供することができます。

記者 ジュビリーエース 報道

住宅ローンの金利減税が廃止され、英国のBut-To-Let部門では他に何が変わっているのか?(前篇)

記者 西原良三 報道

バイ・ツー・レット(BTL)の概念が投資家からより多くの関心を集めていることから、政府は新しい税務規則やより厳しい規制を含め、ここ数年の間に多くの税制改革を導入しており、投資家の投資のリターンに影響を与える可能性がある要因の数があります。では、イギリスのBTLセクターでは、具体的に何が変わっているのでしょうか?西原良三先生から教えましょう!

仲介手数料の徴収の禁止

昨年6月1日から、不動産業者や大家さんが入居者に仲介手数料を請求することが禁止されました。

この禁止の対象外となるのは、借主の請求による契約の変更や解約、光熱費、通信費、公租公課、鍵の紛失など借主の過失に起因する費用などです。

代理店を取り締まるためのルールですが、大家さんの利益にも影響が出てきます。 新しい仲介手数料は大家さんを対象としたものになるため、新しい入居者と契約する際の請求額が増える可能性があり、一部の大家さんは家賃を上げることで、この費用を偽装して転嫁すると言っています。

これは現在、スコットランドではすでに禁止されている代理店手数料がイングランドでのみ適用され、ウェールズでの導入が検討されています。

住宅ローン利息控除の廃止

住宅ローンで家を購入し、2017年4月以前に個人大家になったと仮定すると、住宅ローンで支払う利息は、賃貸収入から控除され、その後課税されることができます。

しかし、2017-18年の税制改正から、政府はBTL大家に対する住宅ローン利子税の減税を撤廃する新たなバイ・トゥ・レット税制を実施し、今年4月(2020年)に完全施行されるまで段階的に導入することになりました。

昨年、家主は確定申告で住宅ローン減税を25%しか請求できませんでした(2018-19年度は50%から減りました)。

個人の税額控除の増額

住宅ローンの金利減税が縮小されたとはいえ、投資家にとっては朗報もあります。 19-20年度の個人の税額控除は、11,850ポンドから12,500ポンドに引き上げられました。

しかし、10万ポンド以上稼いでいる人は個人所得税の非課税枠が減り、10万ポンド以上のお金を2ポンドごとに1ポンドずつ減らされているのは注目に値します。 そのため、所得が125,000ポンドに達すると、IHTの非課税部分が完全になくなり、すべての所得に課税されることになります。

キャピタルゲイン税の免税措置の増加

来年に投資用不動産を売却する予定の場合、キャピタルゲイン税(CGT)を支払わなければならない可能性があり、19-20年の課税年には前年の11,700ポンドから12,000ポンドに増加します。

配偶者やパートナーと共同で資産を所有している場合、税引前の非課税控除額は最大24,000ポンドになります。

複業住宅(HMO)許認可改革

昨年10月に導入された改革は、何十万人もの住宅所有者が、多くの場合、特別なライセンスを必要とするHMO、複数の占有のホームの所有者として分類されていることを意味します。

規制が導入される前のHMOの定義は、3階建て以上で、共用施設があり、異なる世帯の入居者が入居しており、5人以上の入居者がいることでした。2018年10月には、床の要件が撤廃されたため、5人以上が住む大規模なアパートや一軒家は、HMOに分類され、HMOの免許が必要になります。

これまでのところ、適切な免許が与えられている家主はごく一部にすぎません。HMOの不動産所有者であれば、規則に違反した場合、最大2万ポンドの罰金が科せられる可能性がありますので、規則に違反しないように、できるだけ早く適切な当局に相談する必要があります。

記者 西原良三 報道