「BUONO株式会社」タグアーカイブ

シェアオフィスでオフィスコストを1/3に削減 スマート製品がキーアクセラレーターに

記者 BUONO株式会社 報道

起業家の間では、シェア型のコワーキングスペースが人気を集めています。 起業家がお金を払ってスペースを確保し、パソコンやアイデアを持ってきて、引っ越しをする場所です。

アメリカの「WeWork」というシェアオフィスのコンセプトをベースに、日本の特徴を取り入れたものです。このコンセプトは、日本の起業家のニーズをよりよく満たすデザインとサービスを体験できるように、日本のひねりを加えて日本に紹介されました。

シナリオ+インテリジェンス

一流都市の起業家にとって、オフィス賃料やリノベーション、オフィス施設の購入費用の高騰は、質の高いオフィス環境とコストのバランスを取ろうとする上で最大の痛手となっています。 インテリジェント+品質のサービス経験を共有するオフィスは、スタートアップの新しいニーズになっている、共有オフィスは、商業不動産の概念に重点を置き、オフィス環境、オフィスの効率性、オフィスの経験をより良いものにしています。

シェアオフィススペースに入ると、まずスマートアクセスコントロールを経てスペースに入り、クラウドシステムを利用して会議室やモバイルオフィス、来客の予約をしたり、プロジェクタープリンター、スマートコーヒーメーカーなどのスマートデバイスを利用したりする必要がありますが、これはスペース全体で2人のアカウントマネージャーのみで管理されています。

将来的には、シェアオフィスは商業不動産の非常に重要な形式になり、オフィス需要の多数が活性化され、サービスはオフィススペースに権限を与えられ、共有スペースの差別化とインテリジェントな戦略の実装は、さらに目立つでしょう。

記者 BUONO株式会社 報道

在宅勤務で発生する追加費用は?

記者 BUONO株式会社 報道

何百万人もの人が在宅で仕事をしているため、通勤時間が短縮され、自宅がより快適になっています。しかし、個人の経済的コストは高くなります。新型コロナウイルスでホームオフィスに乗り換える人は、エネルギーコストがかなり高くなります。エネルギーの専門家は、Verivox の比較ポータル上でこれは追加の 250 ユーロ年間世帯のコストがかかることを計算します。

パソコン

ワークステーションの電気代は、パソコンの台数や消費電力によって異なります。ノートパソコン1台だけなら、やはり電気代は安いです。 経済的なノートパソコン2台をONにした場合、追加の電気代は年間約50ユーロである。強力なグラフィックカードを搭載したデスクトップパソコンを使用した場合、コストはかなり高くなる可能性があります。

1日1食分の追加費用

在宅ワークは間違いなく料理が増えます。1日に食事を追加すると、年間約50ユーロの電気代が追加されることになります。正確なコストは、食事の種類とコンロ/オーブンノートパソコンのエネルギー効率によって異なります。繰り返しになりますが、使い方次第ではかなりの高額になる可能性があります。

照明、スマホ、熱湯

自宅でのスマホの充電は年間1ユーロ以下で済みます。追加の照明やコーヒーや紅茶のコストも無視できるほどのものではありません。

理論的には、ホームオフィスに関連する追加のエネルギーコストは、雇用者が支払うべきである。しかし、私用と業務用の正確な区別は複雑です。このため、雇用者と被雇用者は、この追加費用の一部、一時金の支払いについて交渉することをお勧めします。

記者 BUONO株式会社 報道

キャッシュフロー不足? 職場復帰が難しい? 企業はこの方法でオフィスコストを削減することができる

記者 BUONO株式会社 報道

新型コロナウイルスの進行中、ほとんどの企業がかなりの影響を受けている、会社の事業を実施することはできませんが、スタッフの賃金、オフィスの家賃などは、多くの中小企業は、多くの中小企業のために、キャッシュフローは、巨大な圧力になるだろう、どのようにコストを削減し、現在多くの企業の最も懸念となっています。

仕事再開に向けた業務再開が本格化する中、多くの企業では業務再開後のオフィスコストの抑制・調整が急務となっています。「質の高いオフィス環境の確保」を前提とし、経費の削減と健全で追跡可能なキャッシュフローの維持、オフィスの賃貸コストの削減、業務の維持などが求められています。

柔軟な働き方をするための費用対効果の高い方法としてのシェアオフィスの価値は、今ではさらに顕著になっています。

リースコストが安い

キャッシュフローが逼迫している多くの企業にとって、コスト削減のためにシェアオフィスを選択することは最適な選択です。昔ながらのオフィスビルを借りる場合、高額な家賃だけでなく、装飾費や家具の購入費用、光熱費などの日々の運営費を負担する必要があります。シェアオフィスであれば、一人あたりの作業スペースの価格を負担するだけで、賃貸にかかるコストを大幅に削減できます。

仕事の再開が速い

現在の特別な環境では、伝統的なオフィスビルに駐留企業が困難に満ちている、多くのオフィスビルは、建設を開始することができない状態で、企業の効率に影響を与える仕事を再開するには、フォローアップに駐留しているオフィスの装飾、プロパティ、ユーティリティ、ネットワーク、および一連の運用サービスを心配する必要があります、迅速に自分のビジネスを遂行することができません。

シェアオフィスを選ぶことで、リノベーション、光熱費、物件、ネットワーク、フロント、清掃などの基本的な準備をする必要がなく、すぐに業務に取り掛かれ、業務効率を上げることができます。

記者 BUONO株式会社 報道

企業の事務費がこんなに高いなんて 管理体制の早急な改善を求められている

記者 BUONO株式会社 報道

事業が拡大し、競争の激しい市場状況にある中、同社の業務においては、以下のような問題点が露呈している:

  1. 業務上の必要性から、商品案内、見積書、契約書など、毎日大量のFAXを送信しなければならず、FAXを送信するたびに、一枚一枚印刷して送信しなければならず、反対側には、さらに時間がかかり、無駄になってしまいます。複数のお客様に1つの情報を送ると、時間がかかってしまい、面倒でつまらないということもあります。
  2. 会社のFAXにはジャンク広告が多く、紙やインクカートリッジ、リボンなどの消耗品に無駄なお金がかかることが多く、無駄な事務費が浮いてしまいます。
  1. 会社の常連客のファックスは、しばしば見つける必要がありますが、紙のファックスを整理し、非常に面倒なことを見つけるために、しばしば顧客対応のファックスを見つけることができないため、上司からの批判を受けています。
  2. 人事部には多くの人事ファイルがあり、機密保持のための必要性から、ファックスの前に特別な人がいるのは当たり前で、受信には時間がかかり、効率が悪いだけでなく、機密保持のための特別な場所を提供する必要があります。
  1. 過剰な管理費が出ます。業務が手作業であるため、管理強化のためにスタッフの増員が必要となり、FAXの正確かつタイムリーな処理を確保するために、間接費の増加につながっています。

私たちBUONO株式会社は、先進のシステム構築技術と確かな実績で、お客様の業務をより円滑にするお手伝いをさせて頂いています。あらゆるニーズに対応すべく、ヒアリングからシステム提案、システム開発、導入からサポートまで一貫して行います。

また、システムにデザインを取り入れた最先端スタイルで、業務の飛躍的な効率化とユーザビリティを確保するシステム作りを行っています。

記者 BUONO株式会社 報道